株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、ソフトバンクGとテルモの2銘柄で約24円押し下げ  9月02日16時44分

9月2日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり67銘柄、値下がり151銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は反落。8月30日の米国市場でNYダウは3日続伸したが、米中摩擦を巡るトランプ大統領の強硬姿勢を嫌気して伸び悩み、41ドル高で取引を終えた。9月1日には米国が対中制裁関税「第4弾」を発動し、中国も報復措置を実施。週明けの東京市場では米中摩擦への懸念から売りが先行し、日経平均は78円安からスタートした。ただ本日の米国市場はレーバー・デーの祝日で休場となるため、東京市場でも取引は低調。日経平均は20600円台での小動きが続き、日中の上下の値幅は53円ほどにとどまった。

大引けの日経平均は前週末比84.18円安の20620.19円となった。東証1部の売買高は8億0281万株、売買代金は1兆3299億円とおよそ約5年4カ月ぶりの低水準だった。業種別では、鉱業、陸運業、水産・農林業が下落率上位で、その他も全般軟調。一方、海運業、非鉄金属など4業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の73%、対して値上がり銘柄は24%となった。

値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はテルモ<4543>となり、2銘柄で日経平均を約24円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはDeNA<2432>で9.32%安、同2位は大日住薬<4506>で3.99%安だった。DeNAは、先週に「ポケモンマスターズ」を配信開始していたこともあり、目先の買い戻し一巡感などで利食い売りが優勢に。また、アプリのランキング推移に関する指摘も聞かれた。

一方、値上がり寄与トップは東エレク<8035>、同2位はアステラス薬<4503>となり、2銘柄で日経平均を約15円押し上げた。アステラス薬は、モルガン・スタンレーMUFG証券で投資判断の格上げが観測されている。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは大平洋金<5541>で6.69%高、同2位はドーム<9681>で3.39%高だった。洋金属は、ニッケル価格の上昇などが手掛かり材料との見方も。また、ドームは29日に発表した上方修正を見直す動きが優勢となったようだ。


*15:00現在

日経平均株価  20620.19(-84.18)

値上がり銘柄数  67(寄与度+44.70)
値下がり銘柄数 151(寄与度-128.88)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<8035> 東エレク        19240     235 +8.55
<4503> アステラス薬      1510      38 +6.91
<6857> アドバンテ       4440      75 +5.46
<7733> オリンパス       1273      29 +4.22
<9433> KDDI           2852      17 +3.71
<4502> 武田           3646      56 +2.04
<5713> 住友鉱          3059     67.5 +1.23
<8028> ユニファミマ      2458       8 +1.16
<7735> スクリン         6250     150 +1.09
<2502> アサヒ          4976      20 +0.73
<7267> ホンダ         2532.5       9 +0.65
<9681> ドーム          1068      35 +0.64
<4755> 楽天           1016      15 +0.55
<9766> コナミHD         4830      15 +0.55
<8058> 三菱商          2599      14 +0.51
<6702> 富士通          8338     135 +0.49
<5541> 大平金          2010     126 +0.46
<1721> コムシスHD       3015      10 +0.36
<6762> TDK            8470      10 +0.36
<6645> オムロン         5270      10 +0.36

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     4754     -70 -15.27
<4543> テルモ          3026     -61 -8.87
<9983> ファーストリテ    62030     -210 -7.64
<4568> 第一三共         6827     -191 -6.95
<4063> 信越化         10530     -185 -6.73
<9613> NTTデータ        1352     -19 -3.45
<4523> エーザイ         5337     -93 -3.38
<7951> ヤマハ          4495     -90 -3.27
<6954> ファナック       18370     -85 -3.09
<6098> リクルートHD      3192     -27 -2.95
<4506> 大日住薬         1782     -74 -2.69
<4704> トレンド         5080     -70 -2.55
<9735> セコム          9000     -64 -2.33
<2432> DeNA           2034     -209 -2.28
<4519> 中外薬          7540     -60 -2.18
<4452> 花王           7616     -58 -2.11
<2002> 日清粉G         1941     -57 -2.07
<8830> 住友不          3943     -52 -1.89
<4507> 塩野義          5644     -51 -1.85
<4901> 富士フイルム      4499     -50 -1.82




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »