株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は反落、売買5年ぶり低水準で軟調もみ合い  9月02日15時58分

日経平均は反落。8月30日の米国市場でNYダウは3日続伸したが、米中摩擦を巡るトランプ大統領の強硬姿勢を嫌気して伸び悩み、41ドル高で取引を終えた。9月1日には米国が対中制裁関税「第4弾」を発動し、中国も報復措置を実施。週明けの東京市場では米中摩擦への懸念から売りが先行し、日経平均は78円安からスタートした。ただ本日の米国市場はレーバー・デーの祝日で休場となるため、東京市場でも取引は低調。日経平均は20600円台での小動きが続き、日中の上下の値幅は53円ほどにとどまった。

大引けの日経平均は前週末比84.18円安の20620.19円となった。東証1部の売買高は8億
0281万株、売買代金は1兆3299億円とおよそ約5年4カ月ぶりの低水準だった。業種別では、鉱業、陸運業、水産・農林業が下落率上位で、その他も全般軟調。一方、海運業、非鉄金属など4業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の73%、対して値上がり銘柄は24%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>が軟調で日経平均を約15円押し下げた。ファーストリテ<9983>、トヨタ自<7203>、ソニー<6758>、ファナック<6954>などは小安い。第一三共<4568>は利益確定売りに押され2%超の下落。ディーエヌエー<2432>は新作ゲームの出足が鈍いとの見方もあり、急反落して9%超下落した。一部証券会社の目標株価引き下げが観測されたエン・ジャパン<4849>なども下げが目立った。また、ワイヤレスG<9419>が買い一巡後に値を崩し、東証1部下落率トップとなった。一方、東エレク<8035>やアドバンテス<6857>、SUMCO<3436>といった半導体関連株が引き続き堅調。任天堂<7974>、安川電、キーエンス<6861>などは小高い。また、トリケミカル<4369>は決算が好感されて急伸し、アトラ<6029>やテモナ<3985>は値幅取り狙いの物色を集めてストップ高水準で取引を終えた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »