株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エヌ・シー・エヌ---防災の日に向けて「災害時に安心・安全だと思う場所に関する意識調査」を実施  9月03日14時15分

エヌ・シー・エヌ<7057>は8月30日、9月1日の「防災の日」に向けて771名に実施した「災害時に安心・安全だと思う場所に関する意識調査」の結果を発表した。

同調査では、大地震が発生した際に「安心」だと思う場所は、自宅(49.5%)、指定の避難場所(34.6%)、近隣の学校(26.6%)の順位となり、「安心」なのはやはり自宅という結果となった。
一方、「安全」だと思う場所は、指定の避難場所(38.1%)、自宅(33.7%)、近隣の学校(26.5%)の順位で、最も「安心」だった自宅が、「安全」視点になると2位の結果になった。

また、自宅の耐震性能がわからないとした人が3割を超えている一方、耐震性能に満足している人は、自分の家を「安心」と感じる傾向が高まる結果となった。



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »