株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

海運株が戻り歩調鮮明、バルチック指数が約9年ぶり高値で見直し機運◇  9月03日12時30分

 川崎汽船<9107.T>や日本郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>、NSユナイテッド海運<9110.T>などの海運株は戻り歩調が鮮明となっている。鉄鉱石や穀物などを運ぶばら積み船総合市況の動きを示すバルチック海運指数(BDI)が8月30日時点で2378.0と約9年ぶりの高値を付けており、これが海運株の支援材料となった格好だ。船舶燃料のSOx(硫黄酸化物)の規制や1日に発動した中国に対する第4弾制裁関税に絡む駆け込み需要があり需給が引き締まっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
伊藤園が一時約6%高と急反発、5~7月期営業増益を評価
「人工知能」に再び注目、5Gとも融合し生産性革命を担う<注目テーマ>
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」5位にワークマン


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »