株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イボキンやベステラが高い、リバーホールディングスとの資本業務提携を好感◇  9月04日12時31分

 イボキン<5699.T>やベステラ<1433.T>が高い。イボキンの株価は一時、前日に比べ7%超上昇した。解体工事業を展開する両社は3日取引終了後、金属を中心にリサイクルなどの廃棄物処理事業を展開するリバーホールディングス(東京都千代田区)と資本業務提携したと発表したことが好感されているようだ。産業革新投資機構傘下の官民ファンドであるINCJ(同)が保有するリバーホールディングス株のうち、ベステラが14.59%に当たる250万株を24億8000万円で、イボキンが1.20%相当の20万5000株を2億336万円で、それぞれ取得する。なお、この資本業務提携に伴い、ベステラがリバーホールディングスの第1位の株主となる見通しだ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
住友鉱は4日続伸、金とニッケル市況の上昇が追い風に
「マイナンバー」が17位に浮上、政府が普及に向けた工程表を決定<注目テーマ>
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にカイノス


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »