株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証REIT指数が5日ぶり反発し高値更新、長期金利低下で買い流入◇  9月04日14時50分

 東証REIT指数が5日ぶりに反発。一時、2096.62まで上昇し07年8月以来、12年1カ月ぶりの高値を更新した。米8月ISM製造業景況感指数は49.1と好不況の境目である50を割り込んだ。米国景気の先行き不安から日本の10年物国債利回りは、この日一時マイナス0.295%と16年7月以来の水準に下落。長期金利の低下で高利回り商品であるREITには買いが流入している。NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信<1343.T>やMAXIS Jリート上場投信<1597.T>といったRETIのETF(上場投信)も新高値に買われている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
スシローGHは4日続伸、8月既存店売上高が22カ月連続前年上回る
<個人投資家の予想> 09月04日 14時
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位にホットランド


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »