株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅反発、米中協議開催を好感、ITbookHDがストップ高  9月05日16時02分

 5日のマザーズ指数は大幅反発となった。前日の米国市場で、香港デモ問題や英国の合意なきEU離脱問題がいったん収束し、NYダウなど米主要3指数は揃って反発。円相場が1ドル106円半ばと前日日中比で円安・ドル高方向に振れるなか、本日のマザーズ市場は買いが先行した。また、前場中ごろより米中両国が10月前半にワシントンで貿易協議を開催するとの報道が伝わるなか、貿易摩擦に対する過度な懸念が後退したことで、個人投資家によるセンチメントが改善。これを受け、指数インパクトの大きいマザーズ銘柄の上げが目立つなか、マザーズ指数は後場一段高となった。なお、売買代金は概算で578.75億円。騰落数は、値上がり202銘柄、値下がり81銘柄、変わらず7銘柄となった。
 値上がり上位銘柄では、「マルナポイント」実施決定が引き続き買い材料視されたITbookHD<1447>がストップ高となったほか、ホープ<6195>やシノプス<4428>
が2ケタの上昇率。売買代金上位では、そーせい<4565>、ブシロード<7803>、メルカリ
<4385>、サンバイオ<4592>、GNI<2160>、ロゼッタ<6182>が上昇。一方で、サマンサタバサジャパンリミテッド<7829>、アンジェス<4563>、インパクトホールディングス<6067>、UUUM<3990>は軟調。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »