株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米CME、ビットコイン(BTC)のオプション取引を開始か 早ければ年内実現【フィスコ・ビットコインニュース】  9月05日15時34分

仮想通貨メディアTheBlockの独自報道によると、米大手デリバティブ取引所CMEはビットコイン(BTC)のオプション取引の提供に向けて準備を整えている。

この事情を知る情報筋の話では、CMEは複数の流動性供給会社(専業マーケットメイカー)にビットコインオプションの詳細を共有しており、年内にも新たな取引商品をローンチする可能性があるという。

CMEは2017年12月18日よりCFTCの規制下でビットコイン先物を提供している。ビットコインが強気相場を入りした19年5月には、先物出来高が取引開始以来の最高値を記録するなど、同取引所におけるビットコイン関連商品の出来高は増加傾向にあった。

仮想通貨市場のオプション取引は、LedgerXやJEX(先日バイナンスに買収された)など複数の提供元がある一方、仮想通貨オプション取引市場の巨大シェアをDeribitが有している(90%以上)。この支配率は、仮想通貨デリバティブ市場において圧倒的な数字であるが、CMEなどの伝統的取引所なども仮想通貨オプション取引市場に参入することで、市場が過熱する可能性がある。

先月には、Deribit協力のもとOTC取引用に設計されたデリバティブ取引の新たなトーレディングプラットフォーム「Paradigm」なども公開されている。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »