株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アイエスビー Research Memo(5):2019年12月期は前期比横ばいの33円の配当を予想  9月09日15時55分

■株主還元

アイ・エス・ビー<9702>は株主還元を重要な経営課題として位置付けており、その具体的手段としては配当によることを第一義的なものとしている。配当の水準については、成長投資への投資余力確保も含めた財務体質の健全性確保と配当性向などを総合的に判断して決定するとしている。このような基本スタンスに立って同社は、親会社株主に帰属する当期純利益に対する配当性向30%を配当性向の目標として明示している。

2019年12月期については前期比横ばいの33円配の配当予想を公表している。この点も業績予想同様、期初予想から変更はない。予想1株当たり当期純利益113.60円に基づく配当性向は29.0%となる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)



<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »