株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

レオパレスが一時7%超の急落、「レノ」の保有比率低下を嫌気  9月09日14時57分

 レオパレス21<8848.T>が急落。株価は前週末に比べ一時、7.6%安に売られた。6日に提出された変更報告書で旧村上ファンド系といわれる投資会社の「レノ」などの共同保有株比率が16.18%から10.55%に低下したことが警戒された。レノと共同保有者は今春にかけ、レオパレス株を買い集め大量保有報告者に登場したことから、その動向が注目されている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にラクオリア
ニトリHDは3日続伸、増税前の生活応援値下げ実施
ベステラが年初来安値を更新、5~7月営業利益は66%減


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »