株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:安川電やキーエンスに注目  9月10日09時02分

週明け9日の米国市場は、NYダウが38.05ドル高の26835.51、ナスダック総合指数が15.64pt安の8087.44と高安まちまち。シカゴ日経225先物は大阪日中比20円高の21350円。
10日早朝の為替は1ドル=107円20銭前後と、昨日の大引け時点比で30銭超の円安。本日の東京市場は金利上昇を受けた米国の金融株高に追随して、三菱UFJ<8306>などメガバンクのほか、東京海上<8766>など金融関連株の値上がりが予想される。また、原油先物高を強材料に、国際帝石<1605>、JXTG<5020>、三菱商<8058>などの値上がりも期待できよう。一方、昨日までの短期的な買い疲れ感からキーエンス<6861>、東エレク<
8035>には一旦利益確定売りが予想され、米国でのヘルスケアセクターの軟調に連れて武田<4502>をはじめとする薬品株もさえない動きを強いられる可能性がある。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたカカクコム<2371>、NSSOL<2327>、アスクル<2678>、NRI<4307>、中外薬<4519>、オークマ<6103>、SMC<6273>、日精工<6471>、THK<6481>、安川電<6506>、キーエンス<6861>、スズキ<7269>などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »