株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

海運株の上昇目立つ、米中対立緩和への期待と為替の円安が追い風に◇  9月10日09時53分

 日本郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>、川崎汽船<9107.T>など大手をはじめ海運セクターへの買いが目立つ。業種別騰落率でも「海運」は値上がり率上位に食い込んでいる。今朝になってトランプ米大統領が来週中国と協議するとコメントしたことが、米大手メディアを通じて伝わり、これが日経平均の押し上げ材料となった。米中協議が進展する可能性が出てきたことで、過度な中国経済減速への警戒感が後退、同国景気の影響を受けやすい海運には追い風となっている。また、為替が足もと円安方向に振れていることも、ドル建て決済の同セクターにはポジティブ材料。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
学情が続伸、「就職博」提案の強化で第3四半期増収増益達成
コマツ、日立建機など高い、米中対立の構図が和らぎ物色の矛先向かう◇
アイスタディはS高、システム開発のエイム・ソフトを完全子会社化へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »