株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ITbook急反発、カンボジアやベトナムでの地盤調査事業などが軌道に乗る  9月10日13時48分

 ITbookホールディングス<1447.T>が急反発。今月に入り4日、5日と連日のストップ高を演じる人気となり、その後は目先筋の利益確定売りが一巡するのを待って、再び投資資金が流入している。官公庁案件に高い実績があり、経営統合によりシステム開発と地盤改良分野双方で強みを発揮している。また、同社は外国人労働者の生活支援ビジネスを展開しており、今年4月から「改正出入国管理法」の施行などで収益機会が高まっている。海外ではアジア地域に橋頭保を築き、事業展開を軌道に乗せている。10日取引時間中に、カンボジア円借款事業に関わる地盤調査の受注や、ベトナム再生可能エネルギーによる発電事業に際する地盤調査の受注状況などについて開示、これが足もとの株価を刺激している。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
日東網が高い、宇宙ごみ関連として関心高まる
<個人投資家の予想> 09月10日 13時
ポート続伸で一時4ケタ大台復帰、就職情報サイト好調で業績上方修正含み


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »