株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 東京センチュリー、ノムラシステム、ふくおかなど  9月11日07時15分

銘柄名<コード>⇒10日終値⇒前日比
日本アジアG<3751>324 +7
子会社が東北大学などと共同開発した「リアルタイム津波浸水・被害推計システム」が高知県の防災訓練に活用と。

ベストワン<6577>3575 -45
20年4月ゴールデンウィークチャーター9割超が完売と。

ビーブレイクシステムズ<3986>1770 +117
日本リブレイングループがクラウドERP「MA-EYES」を採用。

リクルートHD<6098>3175.0 -86.0
本日から売出価格の決定期間入りで。

ノムラシステム<3940> 469 +80
国内広告代理店グループからの受注獲得を発表。

アトラ<6029> 509 +80
スピード調整一巡感で押し目買いも優勢に。

東京センチュリー<8439> 5200 +700
米航空機リース会社の完全子会社化を発表。

明和産業<8103> 595 +23
配当権利取りの動きなども強まる形に。

スルガ銀行<8358> 438 +29
SBIの地銀連合構想で焦点と伝わる。

オハラ<5218> 1488 +95
岡三証券では新規に「強気」判断へ。

日本農薬<4997> 478 +33
台風による農作物被害で思惑との見方も。

日本精工<6471> 966 +65
クレディ・スイス証券では投資判断を格上げ。

ツガミ<6101> 964 +47
米中対立緩和で見直しの動きが続く。

三井E&S<7003> 892+50
特に材料ないが割安感など手掛かりにも。

アイフル<8515> 245 +21
金融関連株上昇でショートカバー優勢か。

ふくおか<8354> 1964 +108
銀行株高の流れに乗る形へ。

アイシン精機<7259> 3455 +145
自動車株高も支援にリバウンドが継続へ。

日揮<1963> 1358 +65
原油市況の上昇などが手掛かりか。

かんぽ生命保険<7181> 1638 +84
米長期金利の上昇などリバウンド材料に。

トプコン<7732> 1400 +70
直近ではブラックロックの5%超保有が伝わっていた。

川崎汽船<9107> 1285 +65
円安や米中対立緩和で海運株も買われる。

東海東京<8616> 304 +14
特に個別材料見当たらないが金融関連株高で。

出光興産<5019> 3060 +136
NY原油相場の大幅上昇で石油株が買われる。

ライク<2462> 1707 -211
子会社ライクキッズの第1四半期減益決算受け。

gumi<3903> 649 -75
決算好感で9日に急伸の反動も。

IRJ−HD<6035> 3465 -255
上値到達感も強まって手仕舞い売りが優勢になる。

ラクスル<4384> 4060 -315
リバウンド一巡感から戻り売り優勢か。

第一三共<4568> 6712 -518
リバランスとみられる利食い売りに押される。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »