株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~短期的な過熱感を警戒しつつも、底堅い相場展開  9月12日08時47分

12日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:短期的な過熱感を警戒しつつも、底堅い相場展開
■前場の注目材料:ドーム、2Q営業利益6.3%増(63.04億円)、進捗率51.6%
■三菱商、千代田化工を連結子会社化


■短期的な過熱感を警戒しつつも、底堅い相場展開

12日の日本株市場は、短期的な過熱感を警戒しつつも、底堅い相場展開が見込まれる。11日の米国市場ではNYダウが227ドル高と続伸となり、ナスダックは85ポイント高と反発した。新製品・新サービスを発表したアップルが3%を超える上昇となり、ハイテク銘柄に買いが広がり、堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比105円高の21665円。円相場は1ドル107円80銭台と円安に振れて推移している。

欧州中央銀行(ECB)理事会での金融政策発表を見極めたいとの思惑のほか、直近で日経平均は7営業日続伸となっていることもあり、戻り待ちの売りが出やすいところであろう。ただ、中国が追加関税からの除外品目を発表したものの、トランプ政権にとって重要な農産品が含まれなかったが、米国市場の反応は限られており、米中協議への進展期待は維持されているだろう。

また、ECB理事会での利下げは想定済みであり、慎重姿勢にはなりづらいだろう。日経平均の7営業日続伸による過熱感を警戒する流れも出やすいところではあるが、新規買いの流れが強まったというよりも、出遅れていた銘柄への買い戻しに伴うリバランスが中心と考えられる。日経平均は8月戻り高値水準を捉えてきたほか、前日までの金融株の強い流れのなかで一旦は達成感も意識されやすいところではある。ただし、米国では織り込み済みとはいえ、アップル効果からハイテク株が堅調となっていることもあり、ハイテク株が下支えとなる可能性がありそうだ。

その他、昨日は特に指数インパクトの大きいファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>が冴えないなかで日経平均は200円を超える上昇をみせており、TOPIX型優位の展開となっている。週末に先物オプション特別清算指数算出(SQ)が控えているため、限月交代に伴うロールオーバーが中心ではあるが、節目の21500円を突破したことにより、権利行使価格の中心レンジの切り上がりが意識されている。水準が切り上がることでよりショートカバーを誘い込みやすいだろう。

そのため、権利行使価格が21500円処から21750円処まで切り上がりを見せてくる相場展開も意識しておきたいところであろう。もっとも、米中協議への進展への期待感はあるものの、依然として総強気ムードにはなりづらいところである。基本的には。これまで強いトレンドを形成していた銘柄への利益確定に対して、出遅れている銘柄への巻き戻しといったスタンスとみておきたい。


■ドーム、2Q営業利益6.3%増(63.04億円)、進捗率51.6%

ドーム<9681>は第2四半期決算を発表。営業利益は前年同期比6.3%増の63.04億円だった。8月29日に第2四半期および通期業績予想を上方修正しており、これに沿った進捗だった。通期計画に対する営業利益の進捗率は51.6%となる。


■前場の注目材料
・NYダウは上昇(27137.04、+227.61)
・ナスダック総合指数は上昇(8169.68、+85.52)
・シカゴ日経225先物は上昇(21665、大阪比+105)
・1ドル107円80-90銭
・SOX指数は上昇(1606.19、+23.04)
・VIX指数は低下(14.61、-0.59)
・日経平均は上昇(21597.76、+205.66)
・株安局面での自社株買い
・米追加利下げ期待
・欧州中央銀行(ECB)が追加緩和検討
・日銀のETF購入

・ファナック<6954>富士通、NTTコムと工作機械クラウド共同開発
・三菱商<8058>千代田化工を連結子会社化
・AGC<5201>韓国のPDP用ガラス工場閉鎖を検討
・デンソー<6902>ブラックベリーとデンソーの共同開発コックピット、スバルが採用
・ホンダ<7267>新型EV初披露、独モーターショーに出品
・コマツ<6301>ベトナムで中古建機販売、レンタル機提供


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 8月国内企業物価指数(前年比予想:-0.8%、7月:-0.6%)
・08:50 7月機械受注(船舶・電力を除く民需)(前月比予想:-8.0%、6月:+13.9%)

<海外>
・特になし




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »