株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アンジェス Research Memo(6):新株予約権行使による調達資金で開発パイプラインの拡充に取り組む  9月12日15時36分

■アンジェス<4563>の業績動向

3. 財務状況と新株予約権発行について
2019年12月期第2四半期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比5,871百万円増加の13,922百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産は新株予約権の行使が進んだことで現金及び預金が5,506百万円増加した一方で、売掛金が130百万円、原材料の評価替に伴い原材料及び貯蔵品が217百万円、外注試験の終了により前渡金が197百万円それぞれ減少した。固定資産は、投資有価証券が998百万円増加している。

負債合計は前期末比71百万円減少の245百万円となった。主にHGF遺伝子治療用製品の製造に係る費用及び製造販売の準備に係る費用等の支払により買掛金が57百万円減少したほか、未払金が27百万円減少した。純資産は同5,942百万円増加の13,677百万円となった。親会社株主に帰属する四半期純損失1,973百万円の計上により利益剰余金が減少した一方で、新株予約権の行使により資本金及び資本剰余金がそれぞれ3,878百万円増加したほか、投資有価証券評価損の計上に伴い、その他有価証券評価差額金が137百万円増加した。

なお、2018年10月に発行した第33回新株予約権(第三者割当て)の行使は、2019年5月にすべて完了している。発行当初の調達予定額は9,504百万円であったが、HGF遺伝子治療用製品の条件及び期限付製造販売承認の取得を契機に株価が大きく上昇したことを受け、当初予定を上回る10,566百万円を調達できたことになる。同社は今回調達した資金を、開発パイプライン拡充(53億円)やHGF遺伝子治療用製品の市販後調査(11.5億)等に充当する予定にしている。新規パイプラインについては、今後4年間で4~5品目を取り込む想定となっている(1件当たり投下資金で8~10億円)。2018年7月に急性呼吸不全治療薬の共同開発契約を締結したカナダのVasomuneや、マイクロバイオーム事業の可能性を探索するため資本提携したイスラエルのMyBiotics Pharma、ゲノム編集の技術開発企業である米国のEmendoへの投資等も同計画に含まれている。また、現在進めている開発プロジェクトについては、ライセンスアウトを早期に行うことで資金効率を高め、次期パイプラインの投資資金に充当していく方針となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »