株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

正栄食が急反落、製菓・製パン向け需要伸び悩み19年10月期業績予想を下方修正  9月12日09時25分

 正栄食品工業<8079.T>が急反落している。11日の取引終了後、19年10月期の連結業績予想について、売上高を1080億円から1065億円(前期比横ばい)へ、営業利益を46億円から40億円(同15.1%増)へ、純利益を33億円から27億5000万円(同18.4%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 製菓・製パンメーカー向け原材料の需要伸び悩みや、円高による海外売り上げの円換算額減少が響いたという。また、天候不順などによる個人消費回復の遅れの可能性も考慮したという。

 なお、第3四半期累計(18年11月~19年7月)決算は、売上高808億1900万円(前年同期比0.1%減)、営業利益31億3100万円(同20.0%減)、純利益20億6300万円(同27.9%減)だった。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
正栄食が19年10月期業績予想を下方修正
ロゼッタはしっかり、飛島建と建設業向け多機能ハンズフリーシステムを共同開発へ◇
大日印は5連騰、3000万株を上限とする自社株買いを実施へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »