株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=技研HD、災害復旧支援に注力  9月12日10時01分

 技研ホールディングス<1443.T>は、消波ブロックの製造・販売や地滑り対策工事などを手掛けている。日本各地で頻発する災害への復旧支援に注力するとともに、量から質への営業活動を推進。継続的な原価低減及び事業所の統廃合などにも取り組んでいる。

 これが功を奏するかたちで、8月14日に発表された20年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算は、経常利益が3億3700万円(前年同期比2.8倍)で着地。上半期計画の1億2000万円を超過し、通期計画8億2000万円に対する進捗率は41.1%となった。受注残高は約51億円と豊富なことから、第2四半期以降の業績も堅調に推移しそうだ。

 株価は概ね200~240円のレンジで推移していたが、足もとではボックス圏から上放れしつつある状況。PER8倍台、PBR0.5倍台と割安感もあり、上値を試す展開が期待される。(参)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場戦略=底上げ相場と急騰銘柄のメカニズム
東エレクなど半導体製造装置関連が軒並み高、SOX指数6連騰で追い風強まる◇
神島化が急反落、化成品事業の償却費増など響き第1四半期減収減益


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »