株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アスクル---一時2917円まで急落、第1四半期上振れも出尽くし感先行の展開に  9月13日13時44分

アスクル<2678>は大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は14.8億円で前年同期1.1億円の赤字から黒字に転換した。市場予想も2億円程度上振れたとみられる。LOHACOの順調な赤字縮小などで収益は改善方向となっている。ただ、通期計画の未達懸念までは払しょくできず、LOHACOの売上加速化も見られない状況にはある。足元で株価は高値圏まで上昇しており、いったん出尽くし感先行の展開に。なお、ヤフー<4689>との提携解消検討は一時棚上げの形に。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »