株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ヒロセ電、車載向け新分野開拓進み高成長期待  9月13日10時00分

 ヒロセ電機<6806.T>の上値指向の動きが鮮明となっている。8月6日に付けた1万440円を底値に3割の上昇を見せ、時価は年初来高値圏を走っているが、ここからは追撃買いで対処したい。

 同社はコネクター国内最大手で、スマホや自動車向けなど付加価値の高い製品を多く持ち、多品種少量生産によりニーズを捉えている。半導体市況は昨年から今年にかけ停滞局面にあったが、米国株市場では半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が急速に切り返し、既に底入れを先取りする動きとなっており、同社株もその流れに乗る展開となっている。同社の20年3月期売上高は1300億円(前期比4.3%増)、営業利益は250億円(同8.0%増)を見込むなど最悪期を脱しつつある。下期にかけ車載向けは新分野開拓が進み、今後も高成長が見込める。(レイ)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
ITメディアは大幅高で3連騰、リードジェン好調で業績上振れも
アイモバイルはS安ウリ気配、販管費の増加などで20年7月期営業益予想77%減
三井ハイテクは急反発、車載用モーターコア好調で第2四半期業績は上振れ着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »