株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反落、中東地政学リスクで売り優勢も底堅い  9月17日11時44分

 17日前引けの日経平均株価は前営業日比23円55銭安の2万1964円74銭と小幅反落。前場の東証1部の売買高概算は6億4416万株、売買代金概算は1兆1133億5000万円。値上がり銘柄数は1204、対して値下がり銘柄数は815、変わらずは130銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は、利益確定売りに押された。14日にサウジアラビアの石油施設が無人機の攻撃を受けたことで、WTI原油先物価格が8ドルを超える記録的な高騰をみせた。中東の地政学が強く懸念されるなか、リスク回避ムードが強まった。ただ、下値抵抗力を発揮し日経平均の下げ幅は小さい。外国為替市場では1ドル=108円台前半で推移するなど円高に振れていない点も投資家心理にプラスに働いている。

 個別ではトヨタ自動車<7203.T>が堅調、任天堂<7974.T>も買い優勢。スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>も高い。コロプラ<3668.T>がストップ高、国際石油開発帝石<1605.T>、石油資源開発<1662.T>なども値を飛ばした。半面、ソフトバンクグループ<9984.T>が軟調、SMC<6273.T>が売られ、JAL<9201.T>も下落した。ヤーマン<6630.T>が急落、エイチーム<3662.T>も大幅安。エニグモ<3665.T>も値を下げた。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
JAL、ANAHDが安い、原油急騰による燃料高を懸念◇
コロプラがS高、「ドラクエウォーク」好発進◇
国際石開帝石など石油関連株が軒並み高、サウジ施設の爆撃による原油急騰で買い先行◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »