株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本サードは大幅高で4ケタ大台復帰、滞留出来高の少ないゾーンで上昇に弾みも  9月17日12時51分

 日本サード・パーティ<2488.T>が大幅高で4ケタ大台復帰、今月9日につけた年初来高値1030円奪回を視野に入れている。外資系企業を主体にICTソリューション事業を展開するほか、IT研修などの教育ソリューションが好調で足もとの業績は急拡大している。特にAIインテグレーションサービスの「Third AI(サードアイ)」に期待が大きい。医療IT化の流れも捉え、RPAの需要を開拓している。株式需給面でもフシ目の1000円ラインを超えると1200円前後までは滞留出来高が少なく上値が軽い。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
テクノマセマ後場急浮上、独自の「H.265/HEVC 8Kコーデック」を6月からライセンス提供
債券:先物、後場始値は前営業日比9銭高の154円07銭
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で横ばい


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »