株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 Kudan、データセクション、国際石油開発帝石など  9月18日07時15分

銘柄名<コード>⇒17日終値⇒前日比
Kudan<4425> 8510 +490
マクニカと業務提携を発表。

データセクション<3905> 616 +45
同社グループのソリッドインテリジェンスが
トランス・コスモス<9715>子会社との資本業務提携発表。

テクノマセマティカル<3787> 1063 +38
独自のコンピュータアルゴリズム使用の
「H.265/HEVC 8K シングルコア コーデック」を国内外で6月からライセンス提供と。

ユーザーローカル<3984> 3600 +235
プレジデントオンラインに「AIコメントシステム」を提供開始と。


コロプラ<3668> 793 +100
「ドラクエウォーク」がゲームセールスランキングでトップとなっており。

コスモエネHD<5021> 2358 +187
原油高映した石油関連株一斉高の流れに乗る。

国際石油開発帝石<1605> 1102 +97.5
サウジの石油施設が攻撃されて原油市況が急騰。

石油資源開発<1662> 2981 +218
原油高メリット銘柄の一角として関心向う。

三井海洋開発<6269> 2805 +161
原油市況の上昇が買い材料視される。

ネットマーケティング<6175> 662 -5
調整一巡感のなか好業績見直しでリバウンド本格化。

日本コンクリート工業<5269> 291 +20
電柱2000本倒壊・損傷と伝わり復旧・更新需要などの思惑強まる。

富士石油<5017> 261 +14
石油株高の流れから値ごろ感強い同社にも関心。

日揮<1963> 1517 +81
原油高メリット銘柄の一角として買われる。

東洋エンジニアリング<6330> 650 +29
日揮同様にプラント関連も原油高で関心が向かう。

JXTGホールディングス<5020> 512.0 +22.7
原油市況の急騰で石油株は一斉高に。

FPG<7148> 1158 +55
9月末権利取りの動きが本格化か。

スクエニHD<9684> 4605 +185
「ドラゴンクエストウォーク」が好調な滑り出しを材料視。

ヤーマン<6630> 686 -129
第1四半期大幅減益決算を嫌気。

フリービット<3843> 936 -184
第1四半期2ケタ営業減益スタートをマイナス視。

エイチーム<3662> 944 -133
今7月期の連続大幅減益見通しをネガティブ視。

エニグモ<3665> 1086 -145
順調な決算発表も目先の材料出尽くし感に。

日ペHD<4612> 5040 -450
原油市況上昇に伴う原材料価格の上昇懸念で。

enish<3667> 934 -232
一時乱高下、誤発注との観測だが。

アトラ<6029> 387 -23
手仕舞い売り継続で窓埋めの動きにも。

ツガミ<6101> 917 -56
中国関連として中国経済指標の悪化をマイナス視。

ルネサスエレクトロニクス<6723> 685 -28
米ブロードコムの決算などもマイナス視か。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »