株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:アイリッジはストップ高、Welbyが急騰  9月18日15時26分

<4597> ソレイジア 154 +5
反発。現在実施中の開発品SP-02(新規抗がん剤、ダリナパルシン)の第2相臨床試験で、被験者の登録が目標症例数に到達したと発表している。今回の臨床試験は再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫を対象疾患としており、承認申請前の最終試験。20年に統計解析を経た試験結果を公表する予定で、結果が良好な場合は当局との最終協議を経て承認申請に移行するとしている。

<4570> 免疫生物研究所 755 +27
続伸。熊本大学などとともに「抗HIV抗体及びその製造方法」に関する国内特許の共同出願手続きを完了したと発表。遺伝子組換えカイコによる抗HIV抗体の製造に関して有効性が確認できたため、知的財産権を確保する。遺伝子組換えカイコで生産した抗体は高い抗体依存性細胞傷害活性を有しており、有望な医薬品候補物質であるという。今回特許出願した抗HIV抗体は、同社が最も注力するパイプラインのひとつ。

<4438> Welby 13100 +1570
急騰。10月3日を基準日として、1株につき4株の割合で分割すると発表している。株式の投資単位当たりの金額を引き下げ、流動性を高めるとともに投資家層の拡大を図ることが目的。併せて定款を一部変更し、発行可能株式総数を700万株から2800万株に引き上げる。株式分割後の発行済株式総数は778万4800株。前日までの続落を受け、値頃感が高まっていることも買いを後押ししたようだ。

<3917> アイリッジ 878 +150
ストップ高。同社の顧客データ分析プラットフォーム「FANSHIP」がゆうちょ銀行<7182>の「ゆうちょPay」に採用、導入されたと発表している。ゆうちょPayはゆうちょ銀の口座保有者が対応店舗で使えるスマホ決済アプリ。FANSHIPが導入されたことにより、アイリッジはゆうちょPayの利用者にクーポンを配信できるようになった。このため将来の利益拡大が期待できるとの見方から買いが膨らんだ。

<3927> Fーブレイン 983 +65
一時ストップ高。電力プラットフォーム事業を手掛けるデジタルグリッドと資本業務提携すると発表している。フーバーブレインがセキュリティアドバイザーとして関与するほか、技術を提供する。また、第三者割当増資で約1億円分のS種優先株を取得する。デジタルグリッドはIoTやブロックチェーンを応用した電力取引の独自技術を活用し、電力プラットフォーム「デジタルグリッドプラットフォーム」を開発している。

<4582> シンバイオ製薬 616 +36
急反発。再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を対象とした抗悪性腫瘍剤「トレアキシン」の第3相臨床試験で、目標症例数の登録後、すべての被験者の観察期間が完了したと発表している。20年第2四半期に向けて承認申請の準備を進める。患者団体から厚生労働省に対しトレアキシンとリツキシマブの併用療法を早急に使えるようにして欲しいとの要望書が出されているとされ、適応症追加への期待から買いが入っている。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »