株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

FOMC経済・金利予測に注目か  9月18日10時22分

 今回のFOMC会合で0.25ポイントの追加利下げが決定される見込みだが、FOMC声明で
「中期的に2%レベルのインフレ率が定着する可能性は高まっていない」との見方が改めて示された場合、早期追加利下げの思惑が広がりそうだ。市場参加者の間からは
「世界経済の成長減速のリスクを巡り、状況を慎重に見極める必要があることや貿易・通商分野における米中協議の進展を引き続き見極める必要があることから、大幅な利下げを実施することは難しい」との声が聞かれている。

 今回のFOMC会合では、追加利下げに反対するメンバーが数名いると予想されており、全会一致の利下げ決定にはならないとの見方が多いようだ。ただし、FOMCが公表する経済・金利予測が前回予測から下方修正されていた場合、金利先安観は強まり、リスク回避のドル・円買いが広がる可能性があるので注意したい。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »