株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本サードが8%超の上昇で1年半ぶり高値圏突入、AI関連で人気加速  9月18日11時23分

 日本サード・パーティ<2488.T>が大幅高で3連騰、一時8.4%高の1095円と今月9日の年初来高値1030円を上抜き、昨年3月以来約1年半ぶりの高値圏に突入した。1000円ラインを超えると1200円前後までは滞留出来高が希薄で、上げ足を一気に強める形となった。同社は海外企業を主要顧客にIT機器の保守点検を行うほか、IT研修業務などで需要を取り込んでいる。RPA分野にも積極的に踏み込み、RPAによる分析データ処理工程の自動化支援パッケージでニーズを開拓、米エヌビディアとはデープラーニング用スーパーコンピューターの総括的サポートを締結するなど人工知能(AI)関連としての側面も持つ。業績は20年3月期、21年3月期と連続増収増益が濃厚とみられる。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
債券:先物、前場終値は前営業日比14銭高の154円09銭 
◎午前11時現在の値上がり値下がり銘柄数
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にイノベーション


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »