株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=一時300円近辺の上昇、NYダウ続伸を好感し買い優勢  9月19日11時46分

 19日前引けの日経平均株価は前日比222円82銭高の2万2183円53銭と上昇。前場の東証1部の売買高概算は6億1424万株、売買代金概算は1兆441億2000万円。値上がり銘柄数は1826、値下がり銘柄数は233、変わらずは89銘柄だった。

 日経平均株価は急反発。米連邦公開市場委員会(FOMC)では、市場予想通り0.25%の利下げが発表された。米追加利下げ観測は後退したものの、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見を受け18日のNYダウは続伸した。これを受け、東京市場も買い優勢の展開。為替が円安に振れたことも好感され、日経平均株価は一時300円近い上昇となった。ただ、午前10時以降、為替が円高方向に振れると日経平均株価の上昇幅も縮小した。きょうは日銀金融政策決定会合の結果が発表され、その内容が注目されている。

 個別では、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>や三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>など銀行株が高い。トヨタ自動車<7203.T>やホンダ<7267.T>など自動車株がしっかり。ソフトバンクグループ<9984.T>やリクルートホールディングス<6098.T>、任天堂<7974.T>も値を上げている。半面、ソニー<6758.T>やZOZO<3092.T>、NTTドコモ<9437.T>が安い。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
「5G」が3位にランク、NTTドコモがプレサービス開始へ<注目テーマ>
トヨタが後場下げに転じる、1ドル107円後半へ円高進行を警戒
第一精工が一時9%超高と急反発、5G関連株の物色人気に乗る◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »