株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

サンケン電---一時2050円まで急落、半導体デバイス収益悪化想定などで国内証券では格下げ  9月20日14時49分

サンケン電<6707>は続落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「バイ」から「ホールド」に格下げ、目標株価も2700円から2100円に引き下げている。自動車や産機・民生向け半導体デバイスの低調な需要、非効率な設備投資に伴う収益圧迫などを格下げの背景としている。為替前提変更、米アレグロの生産調整終了時期の後ろ倒し、国内半導体デバイスの収益体質悪化から業績予想を下方修正、今期営業利益は会社計画58億円に対して46億円を予想。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »