株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:サンバイオは急騰、AKIBAが急伸  9月20日15時28分

<6090> HMT 836 +2
一時862円まで急伸。子会社のHMTバイオメディカルが国際臨床検査事業を展開するJ-VPDと業務提携することで合意したと発表している。HMTバイオメディカルが開発している精神疾患、生活習慣病等に関連する先端的なバイオマーカーを活用した研究検査・臨床検査について、J-VPDの事業展開地域で共同事業を実施する。J-VPDはインドを中心に高度医療機器や医薬品等の販売を進めている。

<4449> ギフティ 2060 -
公開価格(1500円)を25.3%上回る1880円で初値を付けた。会社設立は10年8月10日。主な事業は個人、法人、自治体を対象とした各種eギフトサービスの企画・開発・運営。19年12月期の営業利益予想は前期比88.4%増の5.38億円。法人向けeギフト販売サービスの「giftee for Business」が伸長し、利益が拡大する見通し。第2四半期累計実績は3.07億円で進捗率は57.1%。

<3710> ジョルダン 1316 -114
急落。19年9月期の営業利益を従来予想の5.00億円から3.00億円(前期実績3.20億円)に下方修正している。乗換案内事業セグメントでの競争激化に加え、マルチメディア事業セグメントで音楽プレイヤー「Kiwiプレイヤー」の発売を来期以降に延期することから、利益を圧迫する見通し。また、海外旅行を中心に旅行関連事業の利益率が低下していることも響いた。

<4592> サンバイオ 4185 +645
急騰。外傷性脳損傷を対象疾患として開発を進めている再生細胞薬SB623が、米国食品医薬品局(FDA)からRMAT対象品目の指定を受けることになったと発表している。日米グローバルのフェーズ2臨床試験(STEMTRA試験)で良好な結果を得ていた。RMAT指定により、優先審査と迅速承認の機会が得られることになる。日本では、4月に厚生労働省の「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定されている。

<6840> AKIBA 3225 +260
急伸。モバイルWi-Fiのレンタル事業を手掛ける連結子会社のモバイル・プランニングの株式をベネフィットジャパン<3934>に譲渡すると発表。譲渡株式数は200株で、異動後のベネフィットジャパンの議決権所有割合は100%。譲渡価額は5.00億円。これを受け、20年3月期の純利益を従来予想の3.00億円から5.80億円(前期実績2.44億円)に上方修正した。営業利益予想(5.00億円)は変わらず。

<6560> LTS 1210 +47
急騰。ソフトウェアの設計・開発を手掛けるワクトの株式を取得し、子会社化すると発表。取得株数は200株で、異動後の議決権所有割合は100%。取得価額はアドバイザリー費用等を含む概算で1.60億円。ワクトはエンジニアリング領域に強み。子会社化を受け、19年12月期の売上高を従来予想の32.00億円から35.00億円(前期実績29.89億円)に修正した。営業利益予想(3.00億円)は据え置いた。


<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »