株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

(中国)上海総合指数は0.18%高でスタート、LPR1年物金利の引き下げを好感  9月20日11時04分

20日の上海総合指数は買い先行。前日比0.18%高の3004.81ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時47分現在、0.22%高の3005.95ptで推移している。本日日本時間10時30分に発表された指標金利「ローンプライムレート(LPR)」の1年物は前月の4.25%から4.20%に引き下げられたことが好感されている。一方、指数の上値は重い。米中通商協議の進展を見極めたとのムードが強まっている。



<AN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »