株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

一工薬が9月中間期業績予想を下方修正  9月20日16時28分

 第一工業製薬<4461.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結業績予想について、売上高を310億円から306億円(前年同期比3.9%増)へ、営業利益を22億円から16億円(同22.4%減)へ、純利益を14億円から9億5000万円(同23.3%減)へ下方修正した。

 長引く米中貿易摩擦の影響が出始め、同社の商品需要も減退していることに加えて、IT・電子用途の光硬化樹脂用材料の暫定的増産体制や原料価格の高騰が利益を圧迫したとしている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
インタワクスが20年3月期業績予想を下方修正
パルマが販売用セルフストレージ8棟を売却
午後:債券サマリー 先物は3日ぶりに反落、一時プラス圏に浮上するも買い続かず


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »