株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は4日続伸、小じっかりとした動き、メディカルネットが急伸  9月25日16時05分

 25日のマザーズ指数は4日続伸となった。前日の米国株式市場では、9月消費者信頼感指数などの経済指標が市場予想を下回ったほか、米中摩擦や政治混乱への懸念も相まって主要3指数は揃って下落。この流れから、本日のマザーズ市場は寄り付き直後からマイナスに転じる場面もあった。その後は、日経平均のこう着感が強まるなか、バイオ株やマザーズ時価総額上位銘柄の一角が堅調な推移をみせたことから、同指数はプラス圏での小じっかりとした動きを継続した。なお、売買代金は概算で731.10億円。騰落数は、値上がり111銘柄、値下がり169銘柄、変わらず13銘柄となった。
 値上がり上位銘柄では、引き続きPayPayとの提携が材料視されたビリングシステム<
3623>が13%高になったほか、メディカルネット<3645>やブランディングテクノロジー
<7067>がそれに続いて大幅高に。売買代金上位では、食道がん対象の放射線併用療法で安全性の評価が完了したオンコリス<4588>や国内中堅証券による新規強気格付付与を受けたチームスピリット<4397>のほか、サンバイオ<4592>、サイバー・バズ<7069>、ギフティ<4449>、アンジェス<4563>、Chatwork<4448>、ロゼッタ<6182>、ジーンテクノサイエンス<4584>が上昇。一方で、そーせい<4565>、メルカリ<4385>、GNI<2160>、プロレド<7034>は軟調。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »