株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トランプ大統領は米中協議の行方を楽観視?  9月26日14時59分

 25日のニューヨーク市場では、トランプ米大統領が中国との貿易協議について早い時期に合意する可能性があるとの見方を示したことや、ゼレンスキー・ウクライナ大統領が会見で「トランプ大統領との電話会談は普通のものであり、何の圧力もなかった」と述べたことから、リスク回避に絡んだ取引は大幅に縮小した。トランプ大統領の弾劾に向けた調査活動は続いているものの、現職大統領の弾劾実行は難しいとみられており、外為市場ではリスク回避のドル売りは縮小し、米長期金利の上昇を意識したドル買いが観測された。

 市場関係者の間からは「閣僚級の米中協議の行方が改めて注目される」との声が聞かれており、トランプ大統領は楽観的な見通しを示しているものの、米中貿易協議における合意形成については予断を許さない状態が続くとみられる。このため、リスク選好的なドル買い・円売りが大きく広がる可能性については懐疑的な見方が少なくないようだ。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »