株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トリケミカルが上場来高値更新、半導体微細化で多品種少量生産の強み発揮  9月26日11時27分

 トリケミカル研究所<4369.T>が上値追い態勢を継続、一時4.7%高の6880円まで上昇し上場来高値を更新した。同社は半導体及び太陽電池向け化学薬品メーカーで、低誘電率の絶縁膜材料では世界屈指のシェアを有する。半導体の微細化ニーズが高まるなか、EUV(極端紫外線)露光装置の需要が旺盛だが、そうしたなか半導体素材も常に変化を求められる状況にあり、多品種小ロット生産を強みとする同社に有利に働いている。20年1月期は経常利益段階で前期比11%増の32億6000万円と2ケタ成長を見込むが、増額含みとみられている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
債券:先物、前場終値は前営業日比8銭安の155円26銭 
◎午前11時現在の値上がり値下がり銘柄数
enishが反発、信用規制解除を受け切り返しへ 


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »