株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=C&R、コンテンツの海外展開などで再評価の機熟す  9月27日10時01分

 クリーク・アンド・リバー社<4763.T>は上値慕いの動きを鮮明としている。株価は7月の戻り高値1386円をターニングポイントに反落し水準を切り下げてきたが、目先調整一巡から再騰態勢に入った。2017年7月につけた1538円を目標に強気に対処したい。
 
 同社は映像、広告出版、ウェブなどのコンテンツ制作代行を主力とし、ゲームクリエーター、医療、法曹、建築、会計、ITなど15のプロフェッショナル分野に特化した人材紹介や人材派遣で安定的な需要を捉えている。また、日本のコンテンツを海外展開させる新規ビジネスにも着手、収益拡大を加速させている。
 
 20年2月期は売上高が前期比12%増の330億円、営業利益が同49%増の23億5000万円と大幅増収増益を見込む。前期に計上した本社移転などの一時的な費用がなくなることに加え、クリエイティブ分野の利益率向上およびファッション関連など新規事業の黒字化が利益成長の原動力となる。(れい)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
Jディスプレが反落、中国ハーベストが出資見送り
ソフトバンクグループは分割後安値更新が続く、売買代金は全銘柄中トップ
共同PRが一時21%高、宇宙空間を利用した広告事業を展開する合弁会社設立へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »