株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・30日>(前引け)=明治機、サイオス、日本エンター  9月30日11時37分

 明治機械<6334.T>=底値離脱の動き。食品や飼料製造プラントの大手メーカーで豊富な受注残を武器に、20年3月期は営業利益段階で前期比4.5倍の5億円と高変化を予想している。最近は、ディベロップ型での太陽光発電所の施工販売から脱炭素向けソリューションビジネスへと軸足を移行し「環境関連事業」を育成、今期以降の業績急回復に期待が募る。

 サイオス<3744.T>=5連騰と上昇加速。前週末に543円に買われ、9月11日の戻り高値を払拭したこともあって戻り足に弾みがついている。システム障害回避ソフトを主軸とするシステムインテグレーターで、人工知能(AI)分野に注力している。売上高の過半を占めるオープンシステム基盤事業では、主力製品の「LifeKeeper」に期待が大きい。20年12月期は赤字案件の解消で利益急回復が見込まれ、株価は昨年7月に1247円の高値をつけており、戻り余地の大きさが意識されている。

 日本エンタープライズ<4829.T>=急動意。一気に200円台乗せを果たす。同社が前週末27日取引終了後に発表した20年5月期第1四半期(6~8月)の営業利益は前年同期比2.6倍の8200万円と回復色を強めており、これを好感する買いを呼び込んでいる。ゲームや音楽などスマートフォン向けアプリが好調で、足もとの業績を牽引している。株価は低位に位置しており足も軽く、個人投資家など短期資金の買いを呼び込みやすい。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
明治機が大幅続伸で底値離脱、脱炭素向けソリューションで業績急回復へ
サイオスが5連騰、AI関連テーマに乗り業績は来期回復を買う展開に
日エンターがカイ気配スタート、6~8月期営業2.6倍受け短期資金が集結


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »