株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ダイキアクシス Research Memo(6):ESG経営の推進で6つのSDGsの実現に取り組む(1) 10月01日15時06分

■ダイキアクシス<4245>の中長期の成長戦略

1. 新中期経営計画「Make FOUNDATION Plan−ESG経営の推進」
前中期経営計画「V-PLAN60」を踏まえ、新たに2021年12月期を最終年度とする新3ヶ年中期経営計画「Make FOUNDATION Plan−ESG経営の推進」を策定した。従来からのコーポレートスローガン「PROTECT×CHANGE」(プロテクト・バイ・チェンジ)と経営理念「ダイキアクシスグループは、『環境を守る。未来を変える。』を使命とし、環境創造開発型企業として発展を続けることで、社員の生活向上及び社会の発展に貢献する。」は維持している。

ESGの経営の推進により、6つのSDGsの目標に取り組む。SDGsの5番目の「ジェンダー平等を実現しよう」と8番目の「働きがいも経済成長も」は、社会(Society)において「働き方改革」と「多様性」を進めている。女性活躍推進では「くるみん認定」を取得し、また女性のボードメンバー登用を果たした。環境(Environment)は、SDGsの6番目の「安全な水とトイレを世界中に」、7番目の「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」、12番目の「つくる責任 つかう責任」、13番目の「気候変動に具体的な対策を」の実現に取り組んでいる。「安全な水とトイレを世界中に」では、人口の多い中国、インド、インドネシアに浄化槽の製造拠点を設けている。販売網では、上記の3ヶ国に加え、ベトナム、ミャンマー、スリランカのアジア諸国やアフリカのケニアで現地企業と販売代理店契約を結んでいる。浄化槽や排水処理施設の水質検査体制が整備されていないところでは、公事業化を見据えた行政などへの働きかけをし、自社の現地法人スタッフばかりでなく代理店に対してもメンテナンス研修や教育を行う。12番目の目標に関しては、各事業での省エネ商材の採用等に力を入れる。「RE100」(Renewable Energy 100%)には加盟していないが、再生可能エネルギー100%に向けた取り組みを推進している。2019年5月時点で「RE100」に加盟している企業は、世界で176社、うち日本企業は19社であった。製造業からは、ソニー<6758>、リコー<7752>、富士通<6702>など5社にとどまる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »