株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コロプラ、パイプドHD、アダストリアなど 10月01日15時49分

<2685> アダストリア 2765 +336急騰。前日に上半期の決算を発表している。営業利益は71.6億円で前年同期比13倍強の水準となった。第1四半期は前年同期比39億円の改善であったが、上半期は同66億円の改善に。基幹ブランドの売上回復が鮮明化し、適正な在庫コントロールなどによって値引き率も大きく改善している。通期予想に対する進捗率は71.6%となっており、大幅な業績上振れが期待できる状況となっている。

<8227> しまむら 9160 +600急反発。前日に上半期の決算を発表している。営業利益は144億円で前年同期比横ばい圏、同29%増だった会社計画の185億円は下回ったものの、先の観測報道数値の130億円程度は上回っている。もともと会社計画は楽観的な傾向が強く、計画比下振れは想定線、第1四半期の同22%減益に対して、第2四半期の6-8月期は同23%増益と急回復しており、モメンタムの好転をポジティブに捉える動きが優勢になっている。

<3919> パイプドHD 1728 +300ストップ高。前日に発表した上半期決算が好感されている。営業利益は5.4億円で前年同期比3.1倍、従来計画線での着地となった。6-8月期に関しては同6.5倍と増益率が高まる状況になっている。主力の情報資産プラットフォーム事業が順調に拡大したほか、広告事業も大幅増収増益になった。業績急回復への確度が一段と高まる状況になっている。

<6273> SMC 47040 +940大幅続伸。みずほ証券では投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価も36000円から52500円に引き上げた。来期以降はエレキ分野を中心にFA需要が徐々に持ち直すとみられ、大きな恩恵が期待できること、持続的な生産性向上効果やベトナム新工場が寄与し、業界内でも最高益更新が早い可能性が高いこと、トップマネジメントの交代を受けて長期投資家等からの注目度が高まる可能性があることを評価ポイントと分析。

<7012> 川崎重 2383 -9続落。前日に通期業績予想の下方修正を発表、営業利益は従来予想の720億円から560億円に、2ケタ増益見通しから一転して2ケタ減益に下振れへ。中国建機市場での在庫調整による油圧機器の売上減少、半導体業界向けの不振による産業用ロボットの売上減少が響き、為替前提の円高修正も下振れ要因に。第1四半期決算から下振れは想定されていたが、市場想定660億円レベルも下回る下方修正にネガティブな反応がやや優勢。

<3668> コロプラ 1571 -212急落。スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>と共同開発した「ドラゴンクエストウォーク」大ヒットへの期待で、株価は足元で大幅高を演じていたが、直近のAppStoreセールスランキングで長く続いたトップから転落しており、利食い売りのきっかけ材料とされている。また、東証では委託保証金率引き上げなどの信用取引規制を発表、今後の人気離散などを警戒する動きも優勢に。

<6196> ストライク 3395 +486急騰で年初来高値更新。前日に19年8月期の決算を発表。営業益は18.9億円で前期比39.5%増、9月17日に発表した上方修正水準で着地。一方、20年8月期は22.4億円で同18.6%増を見込む。連続2ケタ増益見通しを好感する動きが優勢に。「M&A Оnline」での3つの新サービスなどに注力していく計画。また、前期配当金は5.5円増配の14.5円としたが、今期は17.5円とさらなる増配を計画。

<9716> 乃村工芸 1409 +49反発。前日に業績予想の上方修正を発表。上半期営業利益は従来予想の39億円から65億円にまで増額、想定を大きく上回る需要の拡大、継続した原価低減への取り組み奏効などが上振れの背景に。第1四半期が25.9億円で前年同期比4.7倍であったため、業績上振れは織り込まれていたが、東京五輪が接近するなかでディスプレー需要は当面拡大が期待でき、通期の大幅上振れを織り込む動きにもなっているもよう。

<5741> UACJ 1723 -91急落。2022年度末までにグループ社員の約15%に当たる2000人規模の人員削減、並びに、日光製造所の閉鎖や深谷製造所の下工程停止など製造拠点の再編を前日に発表している。ただ、構造改革プランの公表は以前から告知されており、株価にも期待感が反映されていたため、サプライズが限定的な内容に出尽くし感も優勢となる展開へ。
また、タイ工場の減損の有無などは今回明らかになっていない。

<3940> ノムラシステム 634 +100ストップ高。中堅企業を対象とした「株主資本配当率(DOE)」のランキングが一部で伝わった。3年平均DOEが7.2%となる同社も上位にランクされ、見直しの動きにつながった。社員100人の8割がコンサルタントで、SAP独自の資格認定者は国内トップクラスと紹介され、パソコンの定型作業を自動化するソフト「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」の導入支援を強化していく方針と報じられている。



<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »