株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米10月利下げの可能性 10月02日14時36分

 米供給管理協会(ISM)が1日発表した9月ISM製造業景況指数は2009年6月以来の低水準となる47.8に低下した。新規受注はわずかに上昇したが、生産指数と雇用指数は低下。輸出受注も低下している。市場関係者の間では米中貿易摩擦による悪影響が指摘されており、「今年後半の米経済成長率は鈍化する可能性が高い」との見方が再浮上しているようだ。

 製造業景況感の悪化を受けて10月利下げ観測が再浮上しており、「CME FedWatch Tool」によると、米連邦準備制度理事会(FRB)が10月に利下げする確率は10月1日時点で64.7%に上昇している。今週4日に発表される9月の米雇用統計が市場予想を下回る内容だった場合、10月利下げの思惑はさらに強まりそうだ。

 なお、報道によると、ポンペオ米国務長官は1日、下院がトランプ大統領の弾劾訴追に向けて国務省当局者5人から宣誓供述を求める動きに反対を表明した。ただし、一部報道でポンペオ長官はトランプ大統領とウクライナのゼレンスキー大統領の電話会談に同席していたと伝えられており、市場関係者は本件についての国務長官の対応を注目している。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »