株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ティーライフ Research Memo(7):3ヶ年計画を上方修正、2022年7月期に売上高100億円超え目指す 10月03日15時07分

■今後の見通し

3. 3ヶ年計画
ティーライフ<3172>では3ヶ年計画を立てているが、2019年7月期の売上高が9,286百万円となり、2020年7月期の売上高計画であった8,897百万円を超過達成している。これに伴い3ヶ年計画を上方修正しており、2022年7月期の売上高は10,131百万円(2019年7月期比9.1%増)、営業利益534百万円(同56.8%増)、経常利益529百万円(同48.7%増)、親会社株主に帰属する当期純利益385百万円(同59.0%増)を計画している。

■海外展開

国内市場で蓄積してきた経験・ノウハウ等を生かし、今後急速な成長が見込まれるアジアを中心とした海外ECの展開を進めている。2017年3月に台湾に提來福股フン有限公司を設立し、その後ネット通販による販売活動を本格化したことで、台湾を中心としたアジア圏に自社商品を積極的にプロモーション展開している。また、2018年11月2日に中国・上海に100%子会社「特莱芙(上海)貿易有限公司」を設立した。さらに注目されるのがベトナムとなる。経済成長が著しいベトナムは2018年通年のGDP成長率が7.1%と高水準であり、高い経済成長を続けている。所得の向上とともに同国での日本茶やたんぽぽ茶、ルイボスティーも人気であり、東南アジアの消費者(個人・現地卸売業者)から直接、同社の商品指定での購入も増えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 村瀬智一)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »