株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「サブスクリプション」が24位にランク、消費トレンドの変化を映した企業の動き相次ぐ<注目テーマ> 10月03日12時21分

★人気テーマ・ベスト10
1 電線地中化 
2 5G 
3 キャッシュレス決済 
4 ソーシャルゲーム 
5 人工知能 
6 ゲーム関連 
7 国土強靱化 
8 バイオテクノロジー関連 
9 TOPIXコア30 
10 ドローン

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「サブスクリプション」が24位となっている。

 サブスクリプションとは、一定の料金を払うことで、期間中に何度でもサービスが受けられる形態のこと。利用する側にとっては大規模な初期投資が不要でサービスの導入が容易になるほか、提供側のデータ分析により、自分に合ったサービスが受けられるというメリットがある。一方、提供する企業側にとっては、定額の利用料による安定収入が見込め、その資金を投資に回すことができるほか、顧客との関係を直接構築できるので、購買履歴を確認し、マーケティングに活用できるなどのメリットがある。

 消費者のモノに対するニーズが「所有」から「必要に応じて利用する」スタイルに変化するなか、企業の関心は以前にも増して高まっている。直近では、中古・リノベーションマンションの流通プラットフォーム「カウカモ」を展開するツクルバ<2978.T>が2日、家具のサブスクリプションサービスを手掛けるsubsclife(東京都渋谷区)に出資したことを明らかにした。

 また、テモナ<3985.T>は1日付で、サブスクリプションビジネスの更なる普及と発展を目的に、人工知能(AI)領域に特化したプロダクト開発を推進するための戦略子会社「テモラボ」を設立。博報堂DYホールディングス<2433.T>はアウトドア用品やトラベルグッズ、家電などを月額500円で貸し出すサービスを始める計画で、11月頃にティザーサイトをオープンし、来年春に本格サービスを開始する予定だ。

 このほか、GMOクラウド<3788.T>は9月25日から、自社の電子契約サービス「GMO電子契約サービスAgree」と、オプロ(東京都中央区)が展開しているサブスクリプションビジネスを支えるクラウド販売管理アプリケーション「ソアスク」との連携を開始。カプコン<9697.T>は9月20日、米アップルが提供するサブスクリプション型の画期的な新プラットフォーム「Apple Arcade(アップルアーケード)」向けに、潜水探検アクションゲーム「深世海 Into the Depths」を投入した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<10月02日の年初来安値更新銘柄> 10月03日
東京株式(前引け)=急落、米株波乱受け売り一色の展開に
午前:債券サマリー 先物続伸、米長期金利の低下が波及


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »