株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

テックポイント大幅高、台湾メーカーが映像送信用半導体「TP38xxシリーズ」を採用 10月03日09時38分

 テックポイント・インク<6697.T>が大幅高となっている。同社はきょう、台湾の車載機器設計メーカーであるRECテクノロジーの自動車向け全方位モニター・システムに、自社の映像送信用半導体「TP38xxシリーズ」が採用されたと発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。

 「TP38xxシリーズ」は、同社が創業以来培ってきた設計技術を生かして開発した独自規格「HD-TVI」を採用し、HD化と低コスト化を両立した映像送信用半導体。車載カメラで撮影した映像信号は、この製品を使ってHD-TVI方式でカーナビなどの映像受信側機器に伝送される。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東エレクが底堅さ発揮、半導体市況底入れ期待と株式好需給が下値支える
TSIHDが大幅安、第2四半期業績未達を嫌気
キャリアリンクが大幅続伸、第2四半期利益予想の増額修正を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »