株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=高橋ウォール、主力事業好調で指標面に割安感も 10月03日10時01分

 高橋カーテンウォール工業<1994.T>はビル外壁材のPC(プレキャストコンクリート)カーテンウォールの大手。19年12月期通期の連結業績は、売上高151億5000万円(前期比2.3倍)、経常利益23億3000万円(同2.6倍)が見込まれている。

 2020年の東京五輪が近づくにつれて大型建設プロジェクトが次々と佳境に入るなか、外壁の取り付け作業量が拡大。足もとでは前期から繰り越されてきた物件に加え、来期完成予定物件の前倒しもあり、主力のPCカーテンウォール事業が伸長している。また、学校関連及びフィットネスクラブのプール新設・改修工事が順調に進み、アクア事業が黒字化している点にも注目したい。

 株価は600円台後半に位置する75日移動平均線を下支えに出直りムード。指標面ではPER4倍台、PBR0.7倍台と割安感があり、7月26日につけた直近高値794円奪回からの一段高が期待できそうだ。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ビリングシスが続急落、東証が信用規制
野村総研が続伸、「4~9月期の営業利益は2割増」と報じられる
サイバーステップ地合い悪のなか続伸、今営業2.8倍見通しで投資資金攻勢強める


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »