株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は3日ぶり反発、手控えムードも後場強含み 10月04日15時42分

日経平均は3日ぶり反発。3日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反発し、122ドル高となった。非製造業の景況感が予想以上に悪化したが、利下げ観測の高まりでハイテク株などに買いが入った。一方で為替相場が1ドル=106円台後半と円高方向に振れ、本日の日経平均は25円安からスタート。前場は今晩発表される米9月雇用統計の内容を見極めたいとの思惑が強く、小安い水準でのもみ合いが続いた。ただ、後場に入るとスマートフォン「iPhone」の2019年生産台数が上方修正されたなどと伝わり、引けにかけて強含みとなった

大引けの日経平均は前日比68.46円高の21410.20円となった。東証1部の売買高は11億0345万株、売買代金は1兆8219億円だった。業種別では、石油・石炭製品、陸運業、不動産業が上昇率上位だった。一方、銀行業、海運業、保険業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の55%、対して値下がり銘柄は40%となった。

個別では、任天堂<7974>、村田製<6981>、ソニー<6758>などが堅調で、ソフトバンクG<9984>やトヨタ自<7203>は小幅に上昇した。一部証券会社のレーティング引き上げが観測されたJR東海<9022>は3%超の上昇。また、新移動サービス推進のための企業連合に参画すると発表した日本エンター<4829>が大商いで東証1部上昇率トップ。企業内ナレッジサイトの販売を開始したサイバネット<4312>なども急伸し、中小型の材料株が物色を集めた。一方、ファーストリテ<9983>、武田薬<4502>、アドバンテス<6857>などがさえない。三菱UFJ<8306>などの金融株は米利下げ観測の高まりで売りが先行。信用取引に関する規制が強化されたコロプラ<3668>は4%超下落した。9月既存店売上高が1年ぶりの減少となった幸楽苑HD<7554>や、前日の取引終了前に業績下方修正を発表したオンワードHD<8016>なども大きく売られ、アトラ<6029>が東証1部下落率トップとなった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »