株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米10月追加利下げの可能性高まる 10月04日14時51分

 4日に発表される9月米雇用統計に対する市場の関心は一段と高まっている。非農業部門雇用者数は前月比+14.8万人程度、失業率は3.7%で8月と同水準となる見込み。9月の非農業部門雇用者数は8月実績の前月比+13万人を上回ると予想されているが、8月実績を下回った場合、10月追加利下げ観測は一段と強まる可能性がある。CMEグループのフェドウオッチによると、次回10月29−30日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)
会合での25ベーシスポイント(0.25ポイント)の利下げ確率はさらに高まっており、10月3日時点で87.7%まで上昇。市場は10月追加利下げをほぼ完全に織り込んだ。


 来週以降に発表されるインフレや個人消費のデータが市場予想を上回る強い内容だった場合、10月追加利下げ観測はやや後退すると予想されるが、それでも12月に追加利下げが実施される可能性は高いとみられている。ドル相場や米長期金利の水準はある程度戻す可能性はあるものの、通商問題などを巡る米中の対立が解消されない場合、ドル安・円高の流れは続く可能性がありそうだ。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »