株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は35円高でスタート、村田製や太陽誘電が買われる 10月07日09時21分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21445.73;+35.53TOPIX;1576.33;+3.43

[寄り付き概況]

 7日の日経平均は前週末比35.53円高の21445.73円と続伸でスタート。4日の米国株式相場でダウ平均は372.68ドル高の26573.72、ナスダックは110.21ポイント高の7982.47で取引を終了。9月雇用統計は非農業部門雇用者数が予想を下振れたものの、失業率が約50年ぶりの低水準に改善し買いが先行。雇用統計が強弱入り混じる内容だったことや、既に発表された製造業・非製造業景況指数が予想を下振れていたことから、今月のFOMCでの利下げ期待も根強く、終日強い値動きとなった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比215円高の21535円。日経平均は米株高などの流れから買いが先行。ただ、中国当局者は米国との貿易協議を前に、トランプ米大統領が求める幅広い通商協定に合意することに一段と消極的な姿勢を示しているなどとも報じられている他、トランプ大統領のウクライナ疑惑について2人目の内部告発者が現れたとの報道もあり、引き続き不透明感の強い状況が続いている。

 売買代金上位では、村田製<6981>、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、太陽誘電<6976>、SUMCO<3436>などが堅調な反面、任天堂<7974>、信越化<4063>などがやや軟調。
業種別では、海運、保険、電気機器などが上昇率上位に。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »