株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は53円安でスタート、日本エンターの下げが目立つ 10月07日12時56分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21356.96;-53.24TOPIX;1571.26;-1.64

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前週末比53.24円安の21356.96円と前引け値(21346.63円)から若干下げ幅を縮めて取引を開始した。ランチタイムの日経225先物は21350円を中心とした横ばい。10日からの米中閣僚会議はもちろんのこと、明日休場明けとなる中国や上海市場の動向も見極めたいところであり、後場も仕掛け的な売買が入りづらい状況が続いている。なお、日経ジャスダック平均はプラス圏での推移となっている。

 売買代金上位では、日本エンター<4829>の下げが目立つほか、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、東エレク<8035>なども軟調。一方、米系証券による投資判断格上げが観測されている村田製作所<6981>、上半期業績予想の上方修正が好感されている吉野家HD<
9861>は強い値動きが続いている。業種別では、水産農林、ゴム製品、銀行、鉱業などが下落率上位にランクイン。


<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »