株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅反発、ファーストリテとアドバンテの2銘柄で約43円分押し上げ 10月08日12時50分

8日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり198銘柄、値下がり24銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は大幅反発。221.22円高の21596.47円(出来高概算5億4000万株)で前場の取引を終えている。週明け7日の米株式市場でNYダウは反落し、95ドル安となった。中国の劉鶴副首相が今週10~11日に予定されている米中の閣僚級貿易協議について、産業政策や補助金改革に関する議論は行わないとの見解を示し、協議難航への懸念から売りが先行した。反面、債券・為替市場では米中が部分的、暫定的に合意する可能性があるとの見方から、米長期金利が上昇するとともに円相場は1ドル=107円台前半に下落。本日の日経平均は円安を好感した先物買い主導で119円高からスタートすると、連休明けの中国・上海株が堅調なことも支援材料となり、前場に一時21627.11円(251.86円高)まで上昇した。東証1部の値上がり銘柄は全体の8割弱、対して値下がり銘柄は1割強となっている。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>で1銘柄で日経平均を約30円押し上げた。同2位はアドバンテス<6857>となり、テルモ<4543>、東エレク<8035>、ファナック<6954>、京セラ<6971>、オムロン<6645>などが続いた。韓国サムスン電子の決算が好感され、半導体関連の一角に買いが入っているようだ。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは大平洋金属<5541>で4.9%高、同2位は丸紅<8002>で4.2%高となった。

一方、値下がり寄与トップは7&iHD<3382>となった。同2位は住友不<8830>となり、信越化<4063>、SOMPO<8630>、JR東海<9022>などが続いた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはSOMPOで2.5%安、同2位はNEC<6701>で1.3%安となった。


*11:30現在

日経平均株価  21596.47(+221.22)

値上がり銘柄数 198(寄与度+233.56)
値下がり銘柄数  24(寄与度-12.34)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    61270         820 +29.54
<6857> アドバンテ       5030         185 +13.33
<4543> テルモ          3399          84 +12.10
<8035> 東エレク        21175         330 +11.89
<6954> ファナック       19535         285 +10.27
<6971> 京セラ          6711         113 +8.14
<6645> オムロン         5990         180 +6.48
<4503> アステラス薬     1533.5          28 +5.04
<4452> 花王           8016         136 +4.90
<6988> 日東電          5312         124 +4.47
<6367> ダイキン        14200         120 +4.32
<9766> コナミHD         5130         120 +4.32
<6098> リクルートHD      3454          37 +4.00
<8028> ファミリーマート   2599          27 +3.89
<9984> ソフトバンクG     4173          16 +3.46
<7832> バンナムHD       6670          90 +3.24
<7951> ヤマハ          4845          90 +3.24
<7203> トヨタ          7072          86 +3.10
<4704> トレンド         5280          80 +2.88
<4502> 武田           3699          78 +2.81

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<3382> 7&iHD           4066         -53 -1.91
<8830> 住友不          3960         -45 -1.62
<4063> 信越化         11175         -40 -1.44
<8630> SOMPOHD         4367         -111 -1.00
<9022> JR東海         22295         -275 -0.99
<4507> 塩野義          6012         -24 -0.86
<6770> アルプスアル      2020         -23 -0.83
<8766> 東京海上         5693         -34 -0.61
<4021> 日産化学         4240         -15 -0.54
<2503> キリンHD         2269        -13.5 -0.49
<4751> サイバー         4105         -45 -0.32
<8001> 伊藤忠          2202          -7 -0.25
<6701> NEC            4565         -60 -0.22
<8801> 三井不          2662         -5.5 -0.20
<2802> 味の素          2006         -5.5 -0.20
<9009> 京成           4375         -10 -0.18
<6758> ソニー          6202          -5 -0.18
<9602> 東宝           4690         -50 -0.18
<9001> 東武           3540         -20 -0.14
<7752> リコー           950          -2 -0.07



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »