株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・8日>(前引け)=リバーエレ、ジーンテクノ、アクリート 10月08日11時36分

 リバーエレテック<6666.T>=続急騰。前日はストップ高で5連騰と異彩高をみせていたが、きょうも一時ストップ高となるなど、なお投資資金の攻勢が続いている。5G関連向けに世界最小クラスのATカット水晶振動子に引き合い旺盛、また、世界最小クラスの音叉型水晶振動子についても需要取り込みが進んでおり、5G関連の有力株として物色人気が加速している。

 ジーンテクノサイエンス<4584.T>=上昇基調を強める。バイオ後続品に重心を置く北大発のバイオベンチャーで再生医療分野にも展開する。7日取引終了後、住商ファーマインターナショナルと、子会社セルテクノロジーが製造する歯髄間葉系幹細胞の分譲に関する契約を締結したことを発表、これを手掛かり材料に投資資金が流入する格好となっている。

 アクリート<4395.T>=一時ストップ高。同社はSMS(ショートメッセージ)配信代行サービスの最大手で、企業から個人向け配信を手掛けている。7日取引終了後、楽天モバイル回線へのSMS配信サービスの提供を開始すると発表、これが材料視される形となった。株価は今月3日に年初来安値をつけるなど売り込まれていたが、目先値ごろ感も手伝って短期資金の買いを誘導している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
リバーエレクがカイ気配で上昇加速、5G関連で投資資金集結
ジーンテクノが3連騰、住商ファーマと歯髄間葉系幹細胞の分譲に関する契約締結
アクリートはカイ気配スタート、楽天モバイル回線へSMS配信サービス提供


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »