株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

パルHDが急伸、上期営業利益は42%増で従来予想を上回る 10月09日09時26分

 パルグループホールディングス<2726.T>が急伸し約3カ月ぶりに年初来高値を更新している。8日の取引終了後に発表した第2四半期累計(3~8月)連結決算が、売上高669億5800万円(前年同期比3.7%増)、営業利益55億2400万円(同41.7%増)、純利益34億6800万円(同57.5%増)と大幅増益となり、従来予想の営業利益45億円を上回って着地したことが好感されている。

 衣料事業における積極的なブランドプロモーションの展開や、MD(マーチャンダイジング)改革の推進による機動的な商品投入やそれに伴う値引き販売の減少などが売上高・利益を押し上げた。また、雑貨事業の売上高が前年同期比1.2%増となったことも寄与した。

 なお、20年2月期通期業績予想は、売上高1377億円(前期比5.5%増)、営業利益91億9000万円(同15.8%増)、純利益70億5000万円(同48.1%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<10月08日の25日・75日移動平均線ゴールデンクロス銘柄>
パルHDの上期営業利益は42%増
キーエンスなどFA関連株が下げる、米中対立への警戒感で目先リスク回避売り◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »